オフィスに必要な備品・機器リスト

これから新しい会社を立ち上げる人にとっては、
自分たちのオフィスにどんな備品・機器が必要なのかを確認・把握しておく必要があります。
とりあえず机といすを用意すればいいという考え方では、あとで足りないものに気づいて苦労するかと思います。
まずどんなものが必要で、どのように調達するのかを知りましょう。

オフィスに必要な備品・機器

オフィスにはまず、先ほども挙げた机やいすといったオフィス家具が必要になります。
会社の資金を管理するための耐火金庫、重要な書類や文献を管理するための書庫、
従業員が利用するための傘立てなどが必要です。
オフィスを快適な環境にするため、掃除機やコーヒースタンド、空気清浄器などがあればいいでしょう。

オフィスで必要な機器には、タイムレコーダーやシュレッダー、コピー機・複合機などがあり、
日々の業務では重要な役割を果たします。

そのほか、パソコンや電話機も忘れないようにしましょう。

オフィスの備品・機器でよくリースされているもの

オフィスに必要な備品・機器を自分たちで購入して用意できない場合は、リースで用意することができます。
リースのほうが導入コストを抑えられるなどのメリットがあります。

よくリースされている備品としては、机や椅子をはじめ、書庫、カウンター、
パーティションなどがリースされています。

機器としては電話機やコピー機・複合機、パソコンがよくリースされています。
特に会社では会議やプレゼンなどで資料を印刷することが多いので、
コピー機・複合機のリースは必須と言えます。

備品・機器のリース活用のメリット

オフィスの備品・機器をリース活用するメリットとしては、
導入にかかる初期費用が抑えられるところが大きな特長です。
購入するよりかは大幅に抑えられます。

毎月支払うリース料金は一定金額になっているため、資金運用などの予算が立てやすくなります。
独立開業するときは、リースで備品・機器をそろえると経費が抑えられます。

ちなみにデメリットとしては、リースには契約期間があるため途中で解約しにくいこと、
長期間のリースでも備品・機器が所有できないことなどが挙げられます。