コピー機を短期リースすることは可能か?

今やビジネスシーンにおいて無くてはならない存在のコピー機。
非常に便利なコピー機ですが、新品を購入すると莫大な初期費用がかかります。
そのため、コピー機のリースというのが多く行われています。

通常、コピー機をリースする場合は複数年契約でリース契約を結ぶ企業がほとんどです。

では、コピー機をリースする場合、短期間でもリース出来るのでしょうか。
短期リースで1日リースや、1年リース、はできないのでしょうか?

コピー機を短期リースすることは可能かどうか、みていきましょう。

コピー機短期リースは可能?最短の契約期間はどれくらい?

コピー機のリース期間は、法律で3年~6年と定められています。

コピー機が安心安全に使える年数が3年~6年であると、メーカーも発表しています。
ですので、コピー機をリースする場合の最短期間は3年間です。

また、モデルチェンジする期間や保守契約(アフターサポート)期間のからみで、
5年契約する企業が非常に多いようです。

コピー機を短期間だけ使いたい時はどのような方法がある?

コピー機をリース契約した場合、最低でも3年間の契約が必要であることが分かりました。
しかし選挙事務所や建設事務所など、ある一定の期間だけ事務所として利用する場合もあります。
そうした場合、もっと短期間でコピー機を借りる必要があります。
では、どうすれば良いでしょうか。

それは、コピー機をリースではなくレンタルするのです。
レンタルにした場合、日や週単位でコピー機を借りることが出来ます。
例えばイベントのある3日間だけ借りるということも可能です。

借りる側が期間を設定することが出来ます。もちろん途中解約も可能です。
搬入搬出費と言われる初期費用がかかりますが、
それも含めて必要な期間だけレンタルした方がお得です。

コピー機は、リースとレンタルのどちらかを選択出来ることが分かりました。
コピー機の使用期間が3年未満であれば、レンタルの方がお得です。

逆に、使用期間が3年以上になる場合は、リースを選んだ方が良さそうです。
自分達の会社のニーズに合わせて、リースかレンタルかを選択しましょう。