コピー機リース契約の基本項目とは

コピー機は購入すると高額で、メンテナンス費用もかさみます。
そこで、コピー機を仕事で使用することの多い会社は、コピー機をリースすることが多いようです。
ではコピー機をリース契約する際には、どのようなことに注意して契約すれば良いのでしょうか。

コピー機をリース契約する際は何を決定するの?

まず一番大切なことは、目的に合ったコピー機を選ぶことです。
A4サイズの白黒の文書をコピーすることが多いのか、カラーコピーすることが多いのか
利用状況によっても選ぶ機種は変わって来ます。

毎月、膨大な量のコピーをするのであれば、印刷速度も重要となってきます。
コピー機の価格は印刷速度によって変わってきます。
コピー機のリース契約を検討する際には、利用現状を把握しておく必要があります。
少なくとも、月にどのくらいの量をコピーしているのか記録は取っておきましょう。

利用状況が分かると、リースするべきコピー機が見えてきます。
そうしたら複数のリース会社から見積もりをとりましょう。

コピー機をリースする際には、コピー機本体の料金の他に、「保守料金(カウンター料金)」が必要です。
それらの料金の総支払額を必ず提示してもらい、比較検討しましょう。

コピー機のリース代金は安いのに、実はカウンター料金が非常に高いという例もあります。
必ず月に何枚コピーすると過程した場合の総支払額を提示してもらいましょう。

コピー機をリースする際に結ぶ保守契約とは?

コピー機は非常に精密な機械です。使用頻度が高くなればなるほど、修理する頻度も多くなるのが必然です。
保守契約とは、リース会社がコピー機のメンテナンス費用や修理費用を全て無料で保障してくれるサービス契約です。

無料と言いましたが、実はこの保守料金はカウンター料金に含まれています。
カウンター料金とは、一枚コピーするごとにリース会社から請求される料金です。
カウンター料金の中には、修理メンテナンス費用の他に、コピー機のインク料金(トナー料金)も含まれています。

契約する際に確認するポイントは?

最後に契約する際に必ず確認して欲しいポイントです。

コピー機のリース契約期間は最低でも3年からで、非常に長い期間の契約になります。
一番は、使い勝手の良い利用状況に適したコピー機を選ぶことです。

次にアフターサービスがしっかりしていることです。
故障して修理を依頼した場合、どのくらいの時間で対応してくれるのかなど詳しく確認しておくべきです。
コピー機が故障してしまうと仕事に支障が出てきてしまうからです。

以上のように、コピー機リース契約の基本項目をよく吟味しながら、最適なコピー機を選びましょう。