今やどこの会社や企業でも見かけるコピー機。
購入金額が大きいことや、メンテナンス費用がかかることから、
購入せずにリース会社からコピー機をリースしている場合も多いようです。

通常コピー機をリースする場合、法律で3年~6年と期間が決まっています。
ではリース契約期間が終了すると、その後の手続きはどうなるのでしょうか。

リース終了後にコピー機を使いたい場合はどうすればいいのか

コピー機をリース契約している間は、
月々決まった金額をリース会社に支払うことでコピー機を使用出来ます。
しかしリース契約が終了するとリース代金の支払いも終了し、リース契約が自動的に解約となります。

そうなると、また新しいコピー機とリース契約を結んで使用することになります。
しかし、今まで使ってきた馴染みのあるコピー機をまだ使いたい場合もあるでしょう。
その場合はコピー機を格安で買い取ることも出来ます。

また、買い取らずにもう少しリースしたいという場合は、
今までのリース代金の十分の一程度で引き続きリースすることも出来ます。

コピー機のリース終了後、どうする場合が多い?

このようにリース終了後は、新規契約、今までのコピー機の買い取り、
リース契約の継続という選択が可能です。

では一般的にはリース終了後、どうする場合が多いのでしょうか。
日本の電化製品の進化するスピードはもの凄いです。
そのため、コピー機も5年もすれば、新しいものに比べると機能が劣っていたり故障もし易くなります。

そのため、故障のリスクのある古いコピー機を使い続けるよりも、
新製品でリース契約をし直す場合が多いようです。
5年もすれば、新しい機能が備わった快適なコピー機をリース出来るでしょう。

もしリース契約が3年と短い場合は、
その後格安料金で2年ぐらいリースするという方法も経費削減につながるでしょう。

リース終了後、コピー機を買い取るという方法もあります。
しかし、古いコピー機を安く買い取ったとしても、
メンテナンス費用がかかってしまい損をする場合も多いようです。

コピー機は繊細な精密機械です。
古いコピー機をそのまま使い続ける方が良いのか、
新しいコピー機に交換するが良いのか正しい判断が必要なようです。