複合機リース・コピー機リースの見積もりの取り方

複合機やコピー機をリースで導入する場合、実際にどのくらい費用が掛かるのか気になる人がいると思います。
実際にかかる費用を調べるには、見積もりにより大体の費用を把握することができます。

複合機・コピー機はメーカーによって様々な特長があるので、どれがいいのかが見積もりによってわかります。
リースでどのメーカーのものを導入するのかは、見積もりを参考にしてみましょう。

見積もりの重要性

複合機・コピー機の見積もりを取る重要性としては、複数の会社に見積もりを取ることで、どこが自分の会社にとって最適なのかがわかりやすくなることにあります。

リースを検討している場合、複数の会社に一括して見積もりを依頼することができます。
リースは購入するよりも安い費用で導入することができ、さらに見積もりにより最も安いところを選ぶこともできます。

支払総額が割高になることから、見積もりで支払総額の大まかな金額を把握することもできます。

リースの見積もりの取り方

複合機・コピー機のリースの見積もりは、専門の見積もり業者から取るようにします。
見積もりの依頼は無料なので、そのときの費用はかかりません。
登録している複数の会社から見積もりを取ることで、比較することができます。

見積もりサイトなどから問い合わせをすれば、複数の会社へ一括して依頼することができます。
業者によって最大5~10社程度の一括依頼ができます。

無料で一括して依頼ができるので、時間をかけずに安いところを選ぶことができます。

見積もりで比較すべきポイント

見積もりで比較すべきは、リースの価格です。

メーカーからのリースだと、販売代理店より割高ですが、コピーの品質が高いです。
販売代理店からリースする場合は、コピーの品質を重視しながら安いところを選びます。

リース契約には様々なオプションサービスがあるので、それを活用しながら費用を抑えるようにします。
オプションサービスには、コピー用紙やトナーなどが無料で提供されるサービスもあるので、それらをうまく活用しましょう。