起業する際にコピー機や複合機はどうやって準備するか

起業する際、いろいろと新しい物品を揃えなくてはなりませんが、
その中でもコピー機や複合機は資料の印刷やチラシ作りなど、ビジネスをするためには必要であり、
起業の必須アイテムといっても過言ではありません。

問題となるのは、どのようにコピー機や複合機を導入するかです。
コピー機・複合機を購入するにも、機材をはじめ純正インクや用紙の購入など、それなりのお金がかかってしまいます。
ビジネスを立ち上げる際のコストとしては重い初期投資になるのではないでしょうか。

ここでは、コピー機や複合機の準備の方法を主にコストの面から解説致します。

コピー機や複合機をリースする場合

新品のコピー機や複合機は、普通のものでも数万円はくだらないですし、良いものだと数十万円の世界になります。
これに対して、リースすれば比較的安い初期コストでこれらの機械を導入することが可能となります。
一般には月々数千円~数万円程度の出費で済むため、一つの手段として考えられます。

問題は、リース契約を中途解約すると、残りの期間分のお金を支払わなければならなくなる点です。
例えば月々1万円の契約があと一年残っている状態で解約すると、
12万円を一括で精算することになります。

レンタルする場合

リースに対してレンタルするという手があります。
こちらもリースと同様に比較的お手頃な初期投資で、コピー機や複合機を導入できるメリットがあります。

レンタルの良い点は、契約を途中で解約できるところであり、
残りの月数分のお金を支払う必要が無いプランも提供されています。

ただ、デメリットとして、レンタルされている機種数が限られており、
多くの機種から好きなものを選択しにくい点が挙げられます。
また、レンタル品は多くの場合中古ですので、レンタル期間中に突然不具合を起こす可能性もあります。

中古品を購入する場合

新品を導入するのは、ビジネスを始める初期は費用の面で負担が大きい場合が多いですが、
中古品であれば、新しい機種であっても十数万程度で購入できる場合があります。

問題点は、リースやレンタルとは異なり、
会社の所有物となるため、メンテナンス等を自分たちで行う必要が出てくる点です。
さらに、会社の資産として、会計的に処理するのが面倒というところも考慮すべきです。