会社で書類を作成するときには、コピー機が必要になります。
コピー機はあらゆる場面で利用されるので、会社に1台以上は必要だと思います。

コピー機を導入するとき、新しいものだと高くて導入できないと判断することがあるでしょう。
そんなときはリースで導入するか、中古のものを買い取るか、いずれかの方法が考えられます。

どちらもコストを抑えられますが、この両者を比較した場合、どちらの方法がお得に導入できるのでしょうか。

リースで導入する場合

リースで導入されるコピー機は、新品のものが多いです。
そのことから、実際にリースで導入する会社が大半を占めます。

リースで導入するメリットは、初期費用が抑えられるところが大きいです。
また、リースの料金は経費で計上できるので、導入時のコストが把握しやすいです。

ただし、リースは契約によって期間が定められているので、途中で解約ができないところがデメリットとなっています。
また、最新のものを導入するので、支払総額は高めになってきます。

中古買取で導入する場合

中古のコピー機は新品のものよりも安い価格で導入することができます。
長期的に利用することを考えると、価格が安い方が導入しやすいでしょう。

リースと違い、コピー機の所有権は会社のものになります。
しかし、初期導入費用が割高になり、処分するときは自己負担になってしまいます。

また、機種が古いタイプのものなので、型落ちしていて事務処理に負担がかかることがあります。

リースと中古買取、どちらがいいのか

コピー機を導入するとき、経理上での取り扱いを考えた場合、リースの方がお得です。
リースの場合、コピー機の所有権がリース会社にあるので、そのときの費用が経費で計上できます。

また、リース期間満了後に再びリース契約をすることが可能なので、導入費用が抑えられます。
中古買取で導入する場合、コピー機が10万円以上で固定資産になり、減価償却費の計算などで事務負担がかかります。

どちらを導入すれば良いのかは会社の状況にもよりますので、それぞれのメリット・デメリットを把握した上で最適なものを選ぶようにしましょう。