新しい複合機を自社で導入しようと考えたとき、予算の関係もあるので、中々購入するというわけにはいかないでしょう。
その場合、複合機のレンタルやリースといったサービスを利用するのがおすすめです。
どちらも、業者から複合機を借りて使用するというものです。

しかし、同じ借りるという行為なのに、どうして呼び方が違うのか疑問を抱いている方も少なくはないのではないでしょうか。
そこで今回は、レンタルとリースの違いについてご紹介いたします。

複合機のレンタルの特徴

複合機のレンタルを行う場合、レンタル会社から複合機を借りて使用することになります。
レンタルは複合機の一時的な使用を前提としている契約になるので、短い契約期間が定められます。

したがって、レンタルは繁忙期に一時的に複合機が足りない場合、1カ月だけ借りるなどという場合に向いている方法です。
法的性格でいうと、民法に規定されている賃貸借契約に当てはまります。

複合機リースの特徴

複合機のリースを行う場合、レンタルのときと同様にリース会社から複合機を借りて使用することになります。
ただし、リースはレンタルとは違い、長期的な使用を前提としている契約になります。

したがってリースは、業務に複合機は必ずしも必要だけれど、購入するほどの予算がないという場合に向いている方法です。
法的性格でいうと、金融取引的な性格が強いので、一般的に賃貸というよりも物融の取引であると理解されています。

複合機のレンタルとリースで違うこと

レンタルやリースを利用して複合機を使用する利用者にとって、最大の違いといえば、複合機を通常通りに利用していたけれど不具合が生じてしまった場合における修繕責任者です。

レンタルの場合の修繕責任はレンタル会社にあるので、不具合が生じたときには、レンタル会社に連絡を入れてから、修繕してもらわなければなりません。

しかし、リースの場合の修繕責任は、利用者にあります。
したがって、リースを利用するときには、複合機のメンテナンス会社とも契約を結ぶ必要があります。

複合機ひとつにとっても、レンタルをするのか、リースをするのかでその意味合いは大きく変わってきます。
どちらを選ぶかは、複合機をどのように使用したいのかがポイントとなります。

まずは、どれくらいの期間に複合機を使用する必要があるのか、予算はどのくらいなのか、よく精査してからサービスを利用するようにしましょう。