「自営業で複合機が必要だけれど、購入の予算がないからリースにした」
なんてことを聞く機会も少なくないのではないでしょうか。

ですが、その仕組みはよく分からないという方もいらっしゃることでしょう。
そこで今回は、複合機のリースの仕組みについてご紹介いたします。

そもそもリースとはどんなもの?

リースとは、リース会社から複合機を借りて、その複合機を会社で使用することを言います。
レンタルと似ているように感じますが、レンタルが一時的しか複合機を借りることができないのに対して、リースは長期的に複合機を借りることができます。

したがって、会社の営業に複合機が絶対に必要だけれど、予算がなくて購入することができないという場合には、このリースを利用して長期的に借りることで、購入よりも安い初期投資で複合機の使用を開始することができます。

ただし、長期的に借りるという性質から、複合機に不具合が生じたときには借りた側の責任で修繕する必要があるので、リース契約を締結した際には、メンテナンス会社との契約も必要です。

複合機のリースの仕組み

複合機のリースを利用する際、現在市場に出回っているすべての複合機の中から自分の好きな複合機を貸してもらうことができるので、新品の複合機も貸してもらうことができます。
これも、長期的に複合機を借りるというリースの特徴からくるものです。

借りる側は希望の複合機をリース会社に伝え、リース会社は指定された複合機をそのときに購入し、借りる側に貸すことになります。
したがって、リース会社は倉庫に在庫を持っておく必要がありません。

また、リース会社には修繕責任がないので、瑕疵担保責任も免責されます。
そういったリースの仕組みから、リース会社から借りた複合機に何らかの瑕疵があった場合、借りた側はリース会社に売り主であるメーカーへの賠償請求権を譲ってもらい、メーカーに直接賠償請求をすることになります。

レンタルの場合には、レンタル会社の倉庫にある在庫の中から借りたい複合機を借りることになります。
したがって、レンタル会社は倉庫に多くの在庫を持っておく必要があり、レンタルを利用する場合には、新品でない場合が多いです。

「借りる」という行為は、リースもレンタルも同じですが、責任の所在や仕組みが大きく違います。
複合機のレンタルを考えていたけれど、実はリースの方が良さそうという場合には、どのような借り方をするべきなのかよく考えてから利用されることをおすすめします。