複合機をリースするメリットとデメリットについて

複合機のリースを利用しようと考えているけど、まずはリースのメリットとデメリットが知りたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
リースも資産投資のひとつなので、購入すべきなのかリースにすべきなのか、悩んでしまうところです。
そこで今回は、複合機をリースするメリットとデメリットについてご紹介いたします。

複合機をリースするメリットとは

複合機をリースする最大のメリットは、複合機の導入時にまとまったお金を用意しなくて良いことです。
購入するとなると、一時的にまとまったお金が必要となり資金調達をしなければならないので、予算にしばられて中々購入できないということもあります。

しかし、リースであれば、まとまったお金を用意する必要がなく、月々のリース料だけで複合機を長期的に使用することができます。

また、リースであれば、複合機設備の陳腐化を防ぐことができます。
購入してしまうと、買い替えの時期に差し掛かったとしても、買い替えがなかなかできないという事態に陥りがちです。

しかし、リースであれば将来の陳腐化を予想し、陳腐化してしまうまでの期間をリース期間として契約すれば、リースで借りた複合機が陳腐化する頃にはまた新しい複合機をリースして使用することができるようになります。

複合機をリースするデメリットとは

複合機をリースするデメリットとして、契約の途中解約ができないことがあげられます。
これは、税法でファイナンスリースの中途解約の禁止が定められているからです。
したがって、よく考えずにかなり長い契約をしてしまい、リースで借りた複合機が時代遅れになっていて、もう契約を終了させたいという場合でも、リース料の支払いを免れることはできません。

ただし、契約期間満了までのリース料相当額の解約損害金を支払えば解約することは可能ですが、無駄な経費をかけてしまうことになります。

また、リース契約におけるリース料は、レンタル契約におけるレンタル料よりも高めに設定されています。
これは、リース会社の手数料や保険料、固定資産税などが含まれるからです。

そして、リース契約において実際に複合機を長く使うのは、複合機を借りた側ですが、複合機の所有権はリース会社から移転しません。
したがって、複合機をリースとして借りている限り、複合機が自社の財産になることはありません。

複合機のリース契約は、上手く利用すれ、他の設備に設備投資することができるので、資産運用を活発にすることのできる制度です。
メリットとデメリットをよく考えて、利用するようにしましょう。