複合機リースの保守・メンテナンス内容とは

複合機を導入する際、リースを使用して導入する企業が大半だと思います。
複合機をリースする場合、いくつかの保守契約の種類があります。
その中で代表的な物をご紹介します。

カウンター保守契約

リースではこのカウンター保守契約が、一番多いタイプの契約になります。
カウンター保守契約は一定の基本料があり、そこに一枚コピーするにあたっていくらというように加算されていく料金体系での契約になります。

この契約のメリットはトナーを自分で購入する必要が無いという事です。
トナーが少なくなって来たらメーカーに連絡をすれば担当者が無料で持ってきてくれます。
最近ではトナーが少なくなると、自動的にメーカーの担当者に連絡が行くという機種も多くありますので、非常に便利になっています。

また、一枚当たりの印刷コストが安くなるという事もメリットとして挙げられます。
そういった事がカウンター保守契約が多く選ばれている要因と言えるかもしれません。
修理代などは、パーツ代から出張費など全てが無料になる契約です。

トナーキット保守契約

トナーキット保守契約はカウンター保守契約と違い、一枚当たりいくらという契約ではなく指定のトナーを自分で購入するという契約になります。
一般的にコピーをする枚数の少ない企業などが選択することの多い保守契約になります。

トナーキット保守契約の特徴としては、保守契約が生きているのは指定のトナーを購入し、そのトナーを使用している間だけという事です。
その間であれば修理代などはカウンター保守契約と同じく無料になりますが、指定では無い安いトナーなどを他社から購入し使用した場合は保守契約が存在しなくなり、有償修理となりますので注意が必要です。

保守契約については上記の2つが主な物になります。
ではメンテナンスについてはどうなのでしょう。

定期メンテナンスはどうなるの?

定期メンテナンスについてはリース会社の保守契約によって違ってきます。
もちろんカウンター、トナーキットどちらの保守契約でもトラブル時などには急ぎで駆けつけてくれます。

ただ、定期メンテナンスという面で見ると、カウンター保守契約をお勧めします。
カウンター保守契約ではトナーの交換やカウンター数のチェックなどで担当者が来る機会が多くなり、その時に簡単なメンテナンスや機械のチェックをしてくれるのです。

また、トナーキット保守契約ではトナーの交換方法などを、ある程度の人数が把握しておかなければならないというデメリットもありますよね。

複合機をリースする場合、いくつかの保守契約があります。
自社の使用頻度などに一番合った保守契約を結ぶためにも、担当の営業マンとしっかりと話し合ってから決めるとよいでしょう。