複合機のリースにかかるコスト・費用の目安とは

複合機を導入しようとした際、リース契約での導入を検討する方は多くいるでしょう。
しかしリース契約は基本的に中途解約ができないため、必要なコストや費用をしっかりと把握しておかないと後悔をするなんてことになりかねません。
では複合機をリースした際はどのようなコストを考えれば良いのでしょうか?

イニシャルコストとランニングコスト

一般的に、コストにはイニシャルコスト(初期費用)とランニングコスト(運転費用)があります。
リース契約をする場合、イニシャルコストは0円に抑えることが出来ます。
その為、初期投資を抑えたい場合にはリース契約は最適な契約といえます。

しかし、ランニングコストは必ずかかってきますので把握しなければなりません。
ではどのようなコストがかかってくるのでしょうか?

複合機のランニングコスト

複合機にかかるランニングコストはリース契約の内容によっても変わってきます。
複合機のリースには「カウンター方式」と「トナーキット方式」があります。

カウンター方式はコピーした枚数×金額でコストがかかる契約になり、トナー料金はかかりません。
一方、トナーキット方式はトナーを購入する形になり、そのトナーがある間は何枚コピーをしても追加料金はかかりません。
トナーが無くなった時にまたトナーを購入するという形になります。

カウンター方式とトナーキット方式どちらが得?

ではカウンター方式とトナーキット方式のどちらを導入するほうが得になるのでしょうか?
これは月々にコピーをする枚数などによって変わってきます。

トナーキット方式の場合基本使用料がかからない場合が多いため、使用枚数が少ない場合はこの契約方法のほうがランニングコストを抑えることが出来るでしょう。
ただ、保守点検やトラブル発生時などにかかるコストはカウンター方式のほうが抑えられる場合が多くなり、どちらが得なのかという事は一概には言えません。

複合機にかかるリース料金の目安は?

では複合機をリースする場合はどのくらいの金額を想定すればよいのでしょうか?
カウンター方式の場合、一般的な相場は一枚当たりのコストがモノクロ3円前後、カラー20円前後と考えれば良いでしょう。
月にどのくらいの枚数をコピーするのかを把握してコスト計算をすることが必要です。

これにプラスして基本料がかかってきます。
基本料も契約年数などによって変わってきますので一概には言えません。
トナーキット方式の場合は、トナー料金に可能印刷枚数と月の使用枚数を基にして計算をする必要があります。

また、トナーキット方式ではリース会社指定のトナーを使用しなければならないため、トナー自体が割高になる可能性もあります。

このように複合機をリースする場合、契約内容によって必要なコストは大きく変わってきます。
目安の金額は使用頻度などによっても全く違ってきますが、自社にとってどの契約が一番良いのかはしっかりと考える必要があります。
自社の使用頻度などを基にしてリース会社の営業の方にしっかり相談をし、最適な契約を結ぶようにしましょう。