コピー機リースの保守契約(キット方式・カウンター方式)の違いとは

オフィスでコピー機のリース契約をするときには、保守契約が必須です。
いわば保証のような保守契約は、
定期メンテナンスやトラブル時の対応をしてもらうときにも役立ちます。
ここでは、保守契約の方式を紹介します。

カウンター方式の保守契約

コピー機をリースするときに結ぶ保守契約には、いくつかタイプがあります。
任意で選べるわけではなく、リースするコピー機によって契約できる方式が違ってくるため、
保守契約の方式からコピー機を選ぶ必要も出てくるでしょう。

カウンター方式では、トナーと修理費は無料で、出力枚数による保守料金が発生します。
支払いは毎月、更新は自動的に行われるのが特徴です。
コピー単価が安く、最も普及している方式といっていいでしょう。

キット方式の保守契約

キット方式の保守契約を結んだ場合、トナーが切れて購入するたびに保守契約が継続されることになります。
この場合、注意しておきたいのは、トナー代を節約しようとして他社のリサイクルトナーなどを利用すると、
トラブル時に無料で修理を受けられなくなる場合があるということです。
修理代を別に請求されることになるのでは、保守契約を結んだ意味がありませんから、注意が必要です。

スポット方式の保守契約

カウンター方式とキット方式の他、リースコピー機の保守契約には年間契約やスポット方式があります。
スポット方式は、トナーもその他部品の供給も、メンテナンスや修理費用も都度払いになる保守契約です。

一般に、コピー機は頻繁にトラブルが発生しがちですから、
スポット方式が選ばれるケースは少ないようです。
コストの削減は、コピー機の種類と保守契約のタイプによっても工夫が可能だということを覚えておきましょう。

業務用のコピー機をリースする際には義務となる保守契約の仕組み、参考になったでしょうか。
既にコピー機を使っていて契約を見直す場合も、
使い方を洗い直して保守契約やコピー機選びに活かしていきましょう。