コピー機の再リース(リース更新)とは

コピー機をリース契約していると、
必然的に再リースするか別のコピー機を新たにリースするかの問題に行き当たります。
リース契約の意義を見直す良い機会でもありますから、
リース更新の条件はよく確認しましょう。

再リースはお得

コピー機のリース期間が満了に近づくと、再リースのお知らせがやってくるのが一般的です。
再リースは、慣れ親しんだコピー機をそのまま使えるという意味でも便利。
しかも、コスト的にもリース料金が格安になるメリットがあります。

なぜ再リースになると格安の料金になるかといえば、
リース会社側では既に最初のリース期間中にコピー機代金の元を取れている場合が多いため。
もちろん、借りた側にとっても契約当時に納得のいくコピー機を借りたのですから、
損が出たことにはなりません。

再リースの見直し

今までリースしていたコピー機をリース更新したほうが良いのか、
新しいコピー機をリースし直したほうが良いのかは、慎重に検討してみるべきです。

というのも、リース期間中に新たに気になるコピー機が出てくることはよくあり、
再リースと新たなコピー機の契約をするのとでコストや使い勝手を検討してみる価値があるためです。
環境や条件は個別に異なるでしょうから、一概に再リースがお得とは言い切れない場合もあります。

リース更新か新たな契約か

単純に考えると新機種のリースは高額になりそうなコピー機ですが、
一年ないし数年のリースをすることを考えると、
それなりの投資をしても良い資産であるのは間違いありません。

特にコピー機なくしては仕事にならないという場合、
古い機種をメンテナンスしながら使い続けるストレスが問題になってくることもあります。
どちらが賢明な選択になるのかしっかり検討してから、リース更新するか新契約するかを決めましょう。

コピー機の再リースには、メリットもあればデメリットもあります。
ただし、メリットやデメリットは個別の状況によるため、
自社での使用状況から判断することをおすすめします。