コピー機のリース契約途中で入れ替えはできるのか

大抵のオフィスでは、コピー機を買い取りではなくリースしているでしょう。
一定の期間で契約を結び、期限が来たら最契約などをしているケースが多いものです。
では、契約途中の入れ替えは、可能なのでしょうか。

コピー機を入れ替える理由

何気なく日常的に使われているコピー機ですが、
使用する機会が多い人ほど何かと使い勝手が気になってくるものです。

例えば、メンテナンスの体制、不具合が起きやすい、コストがかかり過ぎる、
あるいは他メーカーのコストが安くて気になる、最新機種を使ってみたいなど、
様々な理由でコピー機の入れ替えを検討したくなるのではないでしょうか。
しかし実際には、現状の契約メーカーから入れ替えしにくい問題を抱えがちでもあります。

リース途中の入れ替えは可能?

コピー機を契約途中に入れ替えするのは無理と思っている人もいるかもしれませんが、
実は契約途中に難しいのは解約です。
もちろん条件をのめば解約できるでしょうが、不利な条件が多いものです。

しかし、あきらめることはありません。
コピー機の入れ替えならリース途中でも可能なのです。
これから、グレードの高い機種に乗り換えたり、
ランニングコストの低い機種にしたりすることもできるでしょう。

コピー機を契約途中でスムーズに入れ替える方法

コピー機の契約途中で、難なく入れ替えをするには、リースの仲介会社を利用する方法があります。
今よりもランニングコストを下げたい、なおかつコピー機をグレードアップしたいなどの希望条件を相談することができ、
メーカーとの交渉を請け負ってくれます。コピー機の専門家が最適なプランを提案、予算に応じた入れ替えに進めるでしょう。
アフターフォローまでしてくれる仲介会社が増えてきて、頼りになります。

経費節減を余儀なくされる企業が増えてきた中、コピー機の見直しは最優先にしておくべきでしょう。
現在のコピー機をリース途中でも、入れ替えの検討を始めてみませんか。