最近は、コピー機や複合機をリース契約している会社が多いようです。
では、個人でもコピー機のリース契約はできるのでしょうか。

コピー機のリース契約を個人でもできる?

残念ながら、コピー機をリース契約できるのは、法人か個人事業主です。
個人事業主とは、例えば病院を開業した場合や、自営業をしている方が対象となります。

個人でコピー機を利用する場合、どうすれば良い?

個人でコピー機を頻繁に使用する場合は、やはりコピー機や複合機を購入する必要があります。

もし、費用の面で問題があるのなら、中古品を探してみるのもお勧めです。
中古でもほとんど新品同様で使えるものもあり、格安で手に入れることができます。

ただし、家電ショップなどで購入すると修理が必要になった場合に時間がかかります。
なので、事務機店のような専門のお店で購入することもお勧めします。

事務機店とは、会社で必要な文房具や、オフィス家具、複合機などさまざまなものを取りそろえた専門店です。
一度、のぞいてみる価値がありそうです。

会社がコピー機をリース契約する理由

では、なぜ購入できるコピー機をわざわざリース契約する会社が多いのでしょうか。

実際、一括で購入した方がリース料金の総支払金額よりも安くなる事は分かっています。

一つ目の理由としては、会社で使用するようなコピー機になると、値段もそれなりに高いです。
なので、初期費用にかなりお金が必要になります。

そのため、いきなりまとまったお金を支払うよりも、月々のリース料だけで済むリース契約を選ぶようです。
リース契約をすることで残った資金を、会社やお店の運転資金に回すことができます。

また、リースをすることで、もし機械に不具合があった場合などでもすぐに修理に来てもらえます。
リース契約期間が終われば、また最新の機種でリース契約を結ぶことが出来ます。
なので、機械の劣化を気にすることなく常に最新の機種を使用できるところもメリットです。

このように、会社で使用するには、やはりリース契約がお得なようです。
しかし、個人契約となると、高いリース料を毎月支払うことが逆にデメリットになるようです。