コピー機のリース契約は途中解約できるのか

リースをしているコピー機を、リース契約の期間中であるが解約をしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

しかし、コピー機のリース契約はレンタルや購入するのとは違い、
使わなくなったから業者に引き取ってもらう、壊れたから処分をするといったことはできません。
では、コピー機のリース契約は途中解約することは可能でしょうか。

コピー機のリース契約とは

コピー機のリース契約とは、顧客が直接メーカーなどからコピー機を購入するのではなく、
リース会社が顧客の変わりにメーカーからコピー機を購入し、
それを顧客に5年、6年のように長い期間、貸し出すことです。

顧客は、リース会社に月々、一定のリース料金を支払います。
リース契約が満了を迎えると、コピー機はリース会社に返却をするか、
あるいは再契約を締結することになります。

コピー機のリース契約は途中解約できるか

コピー機のリース契約は原則として、リース期間中は解約をすることができません。
ただし、解約金や違約金といったものを払うことによって、リース契約満了という扱いにすることができます。
この場合、残りのリース期間のリース料金や、リース会社にコピー機を運搬するための費用などが自己負担となります。
途中解約をする場合、多額の費用が掛かることから、リース会社とのトラブルに発展してしまう場合もあります。

リース契約を締結する場合には、契約書の内容などをしっかりと確認することが大切です。
ただし、販売業者等に債務不履行などの明確な不法行為があれば、
途中解約は可能となりますが、不法行為の立証は極めて困難といえます。

コピー機のリース契約は、初期費用が安い、リース料金を経費として処理することができるといったメリットもあります。
しかし、一度締結すると途中解約することは原則できません。
安易に契約するのではなく、契約書の内容などを良く精査し、リース契約を締結すべきかを良く考えてするようにしましょう。