コピー機等を導入する際の方法にリース契約があります。
リース契約は、顧客がコピー機を購入するのではなく、
リース会社が変わりに購入しそれを顧客に貸与することです。

では、リースの仕組みはどのようなものでしょうか。
また、そのメリット・デメリットは何でしょうか。

コピー機のリースの仕組み

リース契約とは、顧客の希望するコピー機を、リース会社が顧客に変わりメーカー等から購入し、
顧客に対して比較的長期間コピー機を貸与することです。

その一般的な流れは、顧客がメーカー等にコピー機選定等の相談を行います。
次に、リース会社にリースの申し込みを行い、リース契約を締結します。
リース契約が締結されると、リース会社はメーカー等とコピー機の売買契約の締結、コピー機の受注等を行います。
その後、メーカー等から顧客にコピー機が納入され、リース会社がコピー機の代金を支払います。

リースが開始されると、顧客はリース会社に対してリース料金等を支払います。
期間が満了になると、契約を終了するか、契約を再締結するかなどを決めます。
契約を終了する場合、リースしたコピー機はリース会社に返却する必要があります。
リース契約の流れは、リース会社等によって異なる場合があるので注意が必要です。
リース期間は5年位が一般的です。

コピー機のリースのメリット

コピー機をリースするメリットとして、まず初期費用を安く抑えられることが挙げられます。
コピー機の購入をする場合、一度に多くの資金が必要になる場合が多いといえます。
リースでは、月々一定のリース料金の支払いとなり、購入による資金の固定化を防ぐことができます。
また、税務上認められたリース期間内であれば、リース料金は経費として処理することができます。

コピー機のリースのデメリット

コピー機をリースする際、そのリース料金の総額が購入するよりも高くなる可能性があります。
リース料金には、コピー機の本体価格以外に、金利、保険料等が含まれているため、
リース期間満了までの料金の総額が、コピー機を購入代金よりも越えてしまうことがあります。

また、リース契約を一度結ぶと中途解約をすることができず、
中途解約をする場合には違約金や解約金等が発生し、一括でリース会社に支払う必要が出てきます。

コピー機を導入する際には、リースをするのか、購入をするのか、
良く考え検討することが大切です。