コピー機を導入するには、リース、買取り購入などの方法があります。
では、リースと買取り購入の違いは何でしょうか。

コピー機のリースとは

リースとは、顧客の希望するコピー機をリース会社が変わりに購入し、
比較的長期間、顧客に対してコピー機を貸与することです。
顧客は、月々一定のリース料金をリース会社に支払う必要があります。

リースは、初期費用を抑えられ、税務上認められたリース期間であれば、
リース料金を経費として処理することができるといった特徴があります。
しかし、途中解約ができないためリース契約を結ぶ際には、
契約書の内容をしっかりと確認することが大切です。

コピー機の買取り購入とは

買取り購入とは、コピー機を顧客が自ら買取りで購入することです。
ほとんどの場合一括で購入をするため、まとまった初期費用が掛かりますが、
長期的に見ると割安になることが多いです。

また、コピー機の買取り購入には中古品を購入する方法もあります。
中古品の購入は初期費用を抑えることができますが、
新規の商品を選べない、メーカー保守がないなどの欠点もあります。

コピー機のリースと買取り購入の違い

コピー機のリースと買取り購入の違いは、
費用面での違い、所有権の違いなどがあるといえます。

コピー機をリースする場合、初期費用を安く抑えることができます。
一方、コピー機を買取り購入する場合は、まとまった初期費用が必要となります。
しかし、長期的に見るとリースよりも買取り購入の方が費用の総額が安くなります。

リースの場合、コピー機の所有権はリース会社にあり、減価償却処理が必要ありません。
リース契約満了時にはコピー機をリース会社に返却するか、再契約を結ぶ必要があります。

買取り購入である場合、コピー機の所有権は買取り購入をした自社にあり、
自社の資産となるため減価償却処理が必要となります。

コピー機を導入する際には、リースにするか、買取り購入にするか、
良く考え検討する必要があるといえます。