コピー機のリースとレンタルの違いとは

会社などでコピー機が必要になった時に考えるのが、
リースをするのかレンタルをするのかという事ではないでしょうか?
リースにするのかレンタルにするのかで、その後のメンテナンスなども違ってきます。
ではリースとレンタルとはどう違うのでしょう。

そもそもリースとレンタルはどう違うの?

ではリースとレンタルとはどのように違うのでしょう。
実はリースもレンタルも「物件の賃貸借」という契約になり、対象物件の所有権はそれぞれリース会社とレンタル会社にあります。
ただ、リースのほうが契約期間が長期になることが多くなり、途中解約ができないなどといった制約が出てくることが多くなります。
これだけ見るとリースよりもレンタルのほうが良いのでは?と考える人が多いかもしれませんが、リースはユーザーが選定した機種を選ぶことが出来るなどの利点も多くあります。

コピー機のリースとレンタルの違いは?

ではコピー機のリースとレンタルの違いはどんな物でしょう。
まずは導入コストの違いです。
リースのほうがレンタルよりはかなり安くできます。
ただ、リースの場合は解約をすることが難しく長期間での契約が必要になります。
一方レンタル契約の場合は、機能に満足できない場合など、すぐに解約をすることが出来ます。

契約内容に応じて変わる

一番の違いは契約内容に応じた使用コストの違いです。
リースの場合は基本的には自分でインクを購入し、無くなったら交換をしなければなりません。
それがレンタルの場合、月額固定での使い放題など様々なプランがあります。
自身の使用状況にあったプランを選ぶことでコストを抑えることが出来るのです。

リースにはリース終了後の事を考えるプランもある

リースにした場合、リース期間終了後に買取をすることが出来るという契約もあります。
長期間使用するのであれば、そういったプランを活用することで最終的なコストを抑えることが出来るかもしれません。

このようにリースとレンタルは似ているようで大きな違いがあります。
月々のコストや、どのくらいの期間使用するのかによっても、どちらの契約が良いのかという事は変わってきます。
自社にとって何が一番良いのかを、担当の営業の人などとしっかりと話し、一番無駄のない契約で導入することをお勧めします。