コピー機の故障の原因にはなにがある?

コピー機を使っているときに、故障してしまって困った経験があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
コピー機の故障で業者を呼ぶ手間がかかったり、業務に支障が出たりするので、できれば故障せずに使いたいものです。
そこで今回は、何がコピー機の故障の原因になるのかについてご紹介いたします。

コピー機の故障の種類

まず、コピー機の故障・不具合の症状として、どんなものがあるのでしょうか。
コピー機の良くある故障の症状例として、下記が挙げられます。

■電源が突然落ちる

よくある故障の代表として、コピー機の電源が突然落ちてしまうことがあります。
停電が起きたわけでもないのに、コピー機の電源が落ちることがあります。

■紙詰まりを起こす

印刷時の故障として、紙詰まりを起こすことです。
これは、コピー機の故障の中でも、よく起こるものですが、何かを原因としてコピー機の中で用紙が詰まってしまい、正常にコピーができません。

■印字不良・印字汚れ

印刷したものの色合いがおかしかったり、黒ずんでいたり、黒い線などができるなど、印字不良・印字汚れを起こす故障です。
紙はきちんと排出されるのに、コピーしたい内容が綺麗に印字されないことがあります。

コピー機の故障の原因には何があるのか?

まず、コピー機の電源が突然落ちてしまう故障の場合、電圧の低下が原因となっていることがあります。
コピー機の電源プラグが壁のコンセントに繋がれていない場合、OAタップを経由しているのために電圧が低下することがあります。

紙詰まりを起こす故障の場合、用紙の湿気がその原因である場合があります。
また、手差しトレイ部分にゴミが詰まっていたり、コピー機内部にゴミが詰まっていたりするのも、紙詰まりの原因となります。

印字不良・印字汚れの故障の場合、インクが切れていることが原因である場合があります。
また、インクはきちんと入っているけれど、コピー機内部のゴミ詰まりや湿気などが原因で印字不良を起こす場合があります。

コピー機の故障の原因をつくらないための対処法

コピー機が故障してしまうと、日々の業務がストップしてしまうので、故障しないように注意することが必要です。

コピー機の故障の原因をつくらないためのポイントとしては、コピー機の正しい使い方をすることと、湿気に注意すること、そして小まめに掃除をすることです。

この3つを行うだけで、不要なコピー機の故障原因を防ぐことができます。

特に、用紙が湿気ると紙詰まりの大きな原因となるので、予備のコピー用紙の保管の際には、乾燥剤を使うなどして、気を付けましょう。

最近のコピー機では、故障の原因となるエラーコードをディスプレイで表示してくれ、故障の原因を探ることができます。
エラーコードと、その故障の原因となる対処法の指示に従って、トラブルを回避するようにしましょう。
まや、故障の原因を防ぐためにも、日頃からコピー機を大切に扱うようにしましょう。