コピー機の手差し印刷の方法

通常コピー機を使用する時は、予め大きさの異なる種類の用紙がコピー機の給紙カセットにセットされていて、印刷する文書の大きさに合わせて適切なサイズの用紙が選択できるようになっています。

その他にもコピー機には手差し印刷という機能がついていて、その手差しトレイに差した紙に印刷をすることもできるのです。
手差し印刷のメリットやその方法について詳しく見ていきましょう。

コピー機での手差し印刷とは何のこと?手差し印刷のメリットとは

コピー機でよく使用する普通紙に関しては予めコピー機にセットされていますが、例えば、普通紙よりも少し厚めに作られている紙や、給紙カセットの規定外のサイズの紙だったりすると、給紙カセットに入れてもうまく印刷することが難しくなります。

この時に活躍するのが、この手差し印刷になります。
通常、郵便はがきや封筒などを印刷する時、また、厚紙などを印刷する際に、この手差し印刷が活躍します。
給紙カセットにセットして印刷することが難しいタイプの紙でも、手差しトレイに入れることで印刷することが可能になります。

手差し印刷を活用することで、印刷できる紙のサイズや厚さは使用するコピー機によって異なりますが、あらゆるサイズの用紙や厚紙、封筒といった用紙に印刷することができるようになります。

コピー機で手差し印刷をする方法や手順について

手差し印刷をする時は印刷の設定を手差しトレイ印刷に変える必要があります。
そして印刷したい紙や用紙を手差し印刷トレイにセットしましょう。

印刷をするパソコン上でも設定を変える必要があります。
プリンタドライバを開いて用紙トレイの選択を手差しトレイに変えてから、手差し用の紙の種類や給紙方向を指定します。
設定が完了したら印刷ボタンを押して印刷を実行します。

コピー機にて手差し印刷をする際のポイントと注意点

手差しトレイに用紙をセットする時は、必ず端を揃えてからセットすることです。
少しでも用紙がずれた状態でセットしてしまうと、印刷された文字も曲がってしまう可能性が高くなるからです。

手差し印刷で多くの枚数を印刷する時は、複数回に分けて少量ずつ印刷したほうが失敗しにくいと言えるでしょう。