コート紙とマットコート紙の違いとは?

コート紙とマットコート紙は、名前が似ていますが、どのような違いがあるのでしょうか。

コピー機を使用するときは、使用する紙質によってその仕上がりに差が出てきます。
コピー機で主に使用するのは普通紙ですが、使いみちによっては別の紙を選んで印刷時に使用します。

よく使われるコピー用紙として、コート紙やマットコート紙がありますが、その特徴や印刷後の仕上がり、違いについて詳しく紹介していきます。

コート紙とは?

コート紙とは上質紙や中質紙にコーティングをすることによって、より高い印刷品質を実現できる用紙のことをいいます。

紙の表面に特殊な薬品を塗布して紙の表面を滑らかにしてありますので普通紙と比べて紙全体に光沢があるのが特徴です。
コーティングは片面のみにされているタイプ、両面にされているタイプがあり、選べるようにもなっています。

コーティングをすることによりインクの乗りを良くすることができるようになり、より色彩美しい印刷物ができあがるのです。
一般家庭でも使われているインクジェットプリンタですが、写真を印刷するときに使用する光沢用紙もコート紙の一種になります。

マットコート紙とは?

マットコート紙もまた紙の表面にコーティングをした用紙なのですが、若干光沢が抑えられているのがマットコート紙で、上質紙よりも光沢があります。

マットコート紙は、コーティングのおかげで発色がよくなりますのでカラー印刷をするのに適しています。
また、紙表面の光沢が抑えられていますので、文字を印刷しても読みやすいのがマットコート紙の特徴になります。

コート紙、マットコート紙の違いとは?

コート紙とマットコート紙の違いは、光沢の度合いになります。

コート紙は光沢が強く出ますので写真などの印刷をするのには適している紙になります。
チラシ、ポスター、冊子の表紙、写真印刷などに幅広く活用することができます。

マットコート紙はコート紙よりも光沢が少ないのですが、写真などを印刷するのにはマットコート紙でも十分用は足ります。
そして、文字を印刷する、書き込むといった用途が必要な場合は、コート紙よりもマットコート紙のほうが適しています。