コニカミノルタの複合機・コピー機の機能

コニカミノルタの複合機・コピー機の機能の中でも知られているのが、「仕分け名人」と呼ばれる機能になります。
コニカミノルタのコピー機の新機能「仕分け名人」とは、コピー機のタッチパネルを操作することにより、電子化されたデータのファイル名の設定や保存場所を指定し「仕分け」する機能です。
従来のようにパソコンへの転送や作業は必要ありません。

今回は、コニカミノルタの複合機・コピー機の中でも特徴的な「仕分け名人」の機能についてご紹介します。

コニカミノルタの複合機・コピー機の仕分け名人とは?

コニカミノルタのコピー機の新機能です。
「データの電子化をしたいけど、「手間がかかるし、時間も取られて面倒だ」という方におすすめの機能です。
紙のデータのスキャンから、ファイル保存までの一連の作業を容易にしてくれます。

紙のデータを電子化しようと考えると、従来は、データをスキャンした後に、パソコンへデータを転送し、今度はパソコンでファイル名の設定や保存場所の指定が必要でした。
しかし、「仕分け名人」の機能により、スキャン後のパソコンでの作業は不要となります。

コニカミノルタのコピー機のタッチパネルを操作するだけで、ファイル名の設定や保存場所の指定し「仕分け」ができます。
また、「仕分け」完了後にお知らせを受け取れます。

仕分け名人の主な機能の特徴とメリット

タッチパネルで簡単操作が可能

アイコンによりパネルの画面が見やすく、簡単に操作できます。
コピー機のタッチパネルを操作するだけで、ファイル名の設定や保存場所の指定ができます。
別途、パソコンへの転送や作業が必要ありません。

任意フォルダーの自動仕分け機能

任意のフォルダーを監視対象とし、フォルダー内の文書を自動的に「仕分け」が可能です。

コピー機ごとの「仕分け」先を設定できる

複数台のコピー機を使用する場合には、コピー機ごとに「仕分け」先の設定が可能です。
部門や部署や担当者などでの仕分けが可能です。

紙のデータの電子化

紙のデータを電子化することで、保管場所が不要になり、オフィスのスペースが広くなます。
また、パソコンでのデータの検索も容易になります。
個人情報保護法やe-文書法の対策をお考えの方にもおすすめです。

その他の機能

コピー機の自動原稿送り装置を使うことで、大量の紙データの読み込みが簡単に行えます。
紙のデータを一枚一枚セットする必要はありません。

仕分け名人のまとめ

コニカミノルタのコピー機の新機能「仕分け名人」は電子化の手間を省きます。
コピー機のタッチパネルを操作することで、パソコンでの作業が不要になります。
紙のデータを電子化をお考えの方には、便利な機能です。