コピー機の寸法はどれくらいがいい?

コピー機を設置する場合は、スペースに合った寸法のコピー機を選択することが重要です。

設置場所との兼ね合いや使い勝手を意識し、
皆が快適に使える寸法を持ち合わせたコピー機を選びましょう。

使う人間の寸法や設置スペース周りの環境を考慮しておくと、
よりふさわしい機種を選ぶ手がかりになります。

コピー機の寸法は人の寸法を理解することが大事

コピー機のスペースを考える場合、人の寸法を念頭に置くことが重要です。

コピー機のスペースはコピー機単体で決まるものではなく、
コピー機を操作する人間とのかかわりによって決まります。

人の寸法がどのようになっているのかを理解しておかなければ、
最適なコピー機の寸法やスペースを知ることはできません。

横幅の寸法について

基本となる横幅の寸法サイズは肩幅です。

使いやすいコピー機のサイズは肩幅の1.5倍から2倍が目安になります。
成人の肩幅は平均で36~40センチなので、大体55~80センチ程度の幅の寸法のコピー機であれば、
普段使いとして使いやすいコピー機といえるでしょう。

もちろん大型の用紙印刷に対応しているコピー機であれば、それより大きいスペースが必要になります。
業務上、大型のコピー機が必要な場合は、きちんとした寸法を把握しておきましょう。

高さの寸法について

高さの寸法に関しては、原稿をセットするガラス面が腰と胸の間の高さにくるのが理想です。
具体的には100~120センチが目安になります。

業務用のコピー機ならたいていの機種はこの高さなので、
どの機種を選んでもそれほど使いにくさを感じることはないでしょう。

奥行きの寸法について

奥行きの寸法に関しては、印刷可能な原稿サイズに依存します。

大きいサイズの印刷に対応しているほど奥行きが必要になりますが、
あまり奥行きが広いコピー機だと原稿カバーを上げづらくなってしまいます。

小さいサイズで50センチ、大きいサイズだと75センチくらいになりますが、
原稿カバーが二つ折り出来るタイプだとカバーも上げやすく手が短くても使いやすいでしょう。

コピー機の寸法を選ぶ時に気を付けたい事

コピー機選びで重要なのが設置予定のスペースとの兼ね合いです。
コピー機は設置すれば終わりというものではなく、
印刷した用紙が排出される原稿受けのスペースが必要になります。

隙間なくきっちりとした状態でコピー機を設置してしまうと、
原稿受けを伸ばすことができなくなり、せっかくのコピー機を使うことができません。

コピー機を選ぶ時は単純な寸法だけで判断せず、
本体のどちら側に印刷された用紙が排出されるのかにも注意しましょう。

同時にメンテナンスハッチの位置にも注意が必要です。

メンテナンスハッチが壁にふさがれるようなスペースにコピー機を設置してしまうと、
点検のたびにコピー機を移動させる羽目になり非常に手間取ります。

原稿受けメンテナンスハッチが無い面であっても、
排熱のためにスリットが設けられていることがあります。

スリットをふさいで十分な排熱ができないと故障の原因になりかねません。
基本的にはあまりきっちりとしたスペースに設置することは避け、
周囲に余裕のあるスペースに設置してください。

コピー機を導入する際の寸法のまとめ

コピー機は設置するスペースや使い勝手に合わせて最適の機種を選ばなくてはいけません。
実際に使用するスペースよりも多少小さめで余裕のあるコピー機を選ぶのが基本です。

複数の人が使う場合は人によって使い勝手も変わってきますから、
なるべく多くの人が使いやすいと感じるであろうサイズのコピー機を選択しましょう。