各メーカーのコピー機の比較まとめ

様々なメーカーから発売されているコピー機。
どのメーカーを選んだらよいのか迷ってしまいますよね。

コピー機の有名なメーカーと言えば、
キャノン、ゼロックス、リコー、コニカミノルタなど、いくつものメーカーが存在します。

価格で選んでみたものの画質に不満がでたり、
モノクロ印刷しかしないのに無駄に高コストになってしまったりということもあるかもしれません。

そんな失敗をしないために、メーカーごとの特徴をしっかり把握して、
「コストを抑えたい」「画質を重視したい」など自分の用途に合わせて比較してみてください。

キャノン(Canon)

キャノンのコピー機は、高い水準で機能や画質のバランスが取れています。
特に立ち上がりが早く、待ち時間が少ないのが特長です。

標準でも豊富な機能を備えていますが、それ以外にもオプションとして様々な機能を追加できるのも魅力です。
価格も平均的で、どれか一つを重視するというよりは万能タイプを求める方におすすめです。

各メーカーと比較しても知名度が高く、多くのコピー業者が扱っているため、アフターフォローも万全です。

富士ゼロックス(Fuji Xerox)

画質の高さに定評があり、デザインや建築設計など、
クリエイティブな業界にも多く使われているのがゼロックスのコピー機です。

価格は導入・保守費用ともに他メーカーと比較してやや高めですが、
その分耐久性・信頼性に優れているため、長期間の使用に向いています。

保守サービスの拠点数が多く幅広いエリアに迅速な対応が期待できるため、
士業など信用が要求される業種に人気があります。

リコー(Ricoh)

OA機器でトップレベルのシェアを持つリコーのコピー機は、
紙詰まりなどトラブル時のガイダンス機能や、トナー交換の簡単さなど、ユーザーに優しい作りが特長です。

機能面・画質とも十分で申し分なく、
両面スキャンやダイレクト印刷、モノクロと同コストの2色印刷などユニークな機能も備えています。

安定したアフターサービスにも定評があり、官公庁での導入実績が多いのも安心です。
価格は他のメーカーと比較しても、同程度かやや低めとなっています。

コニカミノルタ(KONICA MINOLTA)

コニカノミノルタのコピー機は、グッドデザイン賞を受賞しているなど、
他のメーカーと比較してデザイン性の高さが魅力です。

PostScript3互換機能を標準搭載していることもあり、Macユーザーなどクリエイティブな業種に人気です。
コピー機メーカーとしてはマイナーであるため取扱店の少なさは難点ですが、
メーカーのサポート体制は整っていて、アフターメンテナンスに問題はありません。

シャープ(SHARP)

シャープのコピー機は何といっても安さが特長です。
導入費用、ランニングコストともに低く、機能も充実しているため、
コストパフォーマンスが高くなっています。

カラー印刷の品質が他社と比較してやや劣るのは否めませんが、
モノクロ印刷が中心であれば問題はありません。

コンビニエンスストアでの採用が多いことからも分かるとおり、使いやすさにも定評があります。