コピー用紙のサイズ・厚さ・重さ

職場で学校でコピー印刷をお願いされることがあるかと思います。

コピー用紙のサイズを選んだり、原本から縮小・拡大印刷するときに、
コピー用紙のサイズや厚さや重さを把握しておけば便利ですね。
用途にあったコピー用紙を迷わず選ぶことができます。

ここではコピー用紙のサイズ・厚さ・重さについてまとめています。

コピー用紙のサイズについて

コピー用紙のサイズにはA判とB判があります。
A判は国際規格サイズでB判は国内規格サイズです。

それぞれの規格ができた経緯が違うため、A判とB判には関連性はありません。
どちらも、基準となる0サイズがあります。

A0は面積が1平方メートルの長方形、B0は1.5平方メートルの長方形です。
基準となる0サイズの長辺を半分にしたものに順次数字が振り当てられています。

以下にA判とB判の大きさを列挙します。

A判の用紙サイズ

  • A0:841×1189(mm)
  • A1:594×841(mm)
  • A2:420×594(mm)
  • A3:297×420(mm)
  • A4:210×297(mm)
  • A5:148×210(mm)
  • A6:105×148(mm)
  • A7:74×105(mm)
  • A8:52×74(mm)
  • A9:37×52(mm)
  • A10:26×37(mm)

    B判の用紙サイズ

  • B0:1030×1456(mm)
  • B1:728×1030(mm)
  • B2:515×728(mm)
  • B3:364×515(mm)
  • B4:257×364(mm)
  • B5:182×257(mm)
  • B6:128×182(mm)
  • B7:91×128(mm)
  • B8:64×91(mm)
  • B9:45×64(mm)
  • B10:32×45(mm)

A判とB判は上記のように多数サイズがありますが、
多くのコピー機で印刷できるサイズは、A3・A4・B4・B5の4種類がほとんどです。

コピー用紙の大きさとしてはこの4つのサイズを押さえておくとよいでしょう。

コピー用紙の厚さと重さについて

コピー用紙などの印刷用紙の紙の厚さを示す単位は2つあります。「坪量」と「連量」です。
「坪量」とは、1平方メートル当たりの紙の重さのことで単位はg/㎡です。

数字が大きいほど用紙は厚く、数字が小さいほど用紙が薄くなります。
「連量」とはその用紙の1000枚あたりの重さで単位はkgです。紙の面積によって重さが変わります。

コピー用紙1枚の厚さ重さ・コピー用紙100枚の厚さ・コピー用紙500枚の重さ

コピー用紙1枚分の厳密な厚さと重さは用紙の種類によって異なります。
コピー機でよく用いるA3・A4・B4・B5の厚さは約0.1mmと言われています。
また重さの一般的な目安は、

  • A3コピー用紙1枚の重さ:8g
  • A4コピー用紙1枚の重さ:4g
  • B4コピー用紙1枚の重さ:6g
  • B5コピー用紙1枚の重さ:3g

と言われています。

ですので、コピー用紙(A3・A4・B4・B5サイズ)の100枚厚さはどのくらいかというと、
コピー用紙100枚で、1cm弱くらいの厚さになります。

また、コピー用紙(A3・A4・B4・B5サイズ)の500枚の重さはどれくらいかというと、
コピー用紙500枚で、1.5kg~4kgくらいの重さになります。

郵便物を送る時など、コピー用紙の1枚当たりの厚さや重さを知っておくと便利ですね。