印刷をしているときに色が変だったり色が薄くなったりするなど、
色がおかしいなというトラブルを経験したことはありませんか?

修理に出す前にコピー機の設定を確認すると改善できる場合があります。
コピー機で色がおかしいときの直し方をみていきましょう。

色が薄いとき

コピー機で印刷したときなんだか色が薄い気がしたら次の手順で設定を確認していきましょう。

1.コピー印刷の濃度の設定の確認

コピー印刷の濃度の設定がいつもより薄くなっていませんか?
印刷時の濃度設定を確認し、薄く印刷する設定になっていた場合は濃いめに設定しましょう。

2.トナー節約モードの確認

コピー機によってはトナー節約モードが設定されています。
インクを節約するように印刷を試みた結果、印刷物が薄く印刷されることがあります。
トナー節約モードを解除して印刷してみましょう。

3.インクのノズル汚れの確認

インクのノズルが汚れているとインクが出づらくなり色が薄く印刷されます。
ヘッドやノズルのクリーニングを行いましょう。
ノズルやヘッドのクリーニングを行いましょう。

4.インクカートリッジの残量

インクカートリッジの内容量が少ないときに色が薄く印刷されます。
通常インク残量が少ないときはインク交換のメッセージが出ます。

ですが純正インク以外のインクを使用しているときに、
コピー機にインク残量が反映されない場合があります。

インクカートリッジの残量を確認し、必要があれば交換しましょう。

色のむらがあるとき

コピー機で印刷したとき色むらがあるときは以下のことを試してみてください。

1.用紙の確認

大きな画像など面積の多いものを普通のコピー用紙に印刷すると色むらが生じることがあります。
印刷したい目的に合った用紙を選んで印刷するときれいに印刷できることがあります。

2.ノズル汚れの確認

インクの出口部分のノズルが汚れたり詰まったりしてインクがむらになり、
印刷時の色むらが生じることがあります。

ノズルのクリーニングを行うことでインクが均一に出るようになり色むらが改善されます。

3.色調補正機能の確認

コピー機は自動で色を補正する機能がついているものがほとんどですが、
色調の補正は手動で行うこともできます。印刷したい画像に合った色調補正がなされているか確認しましょう。

4.インクカートリッジ内のインクが不均一な場合

インクカートリッジ内のインクが不均一になっているためにむらが生じることがあります。
この場合カートリッジを取り外し、ゆっくりと左右に振って均一になるようにした後に再度カートリッジを入れて印刷してみましょう。

5.インクカートリッジの残量確認

インクカートリッジの残量が少ないまま印刷を続けると印刷時に色のむらが生じることがあります。
この場合新しいインクカートリッジに交換すると色のむらがなくなります。

色が変なとき

印刷してみて思った色と違う色で印刷されてきたときは次のことを確認しましょう。

1.インクカートリッジの位置の確認

インクカートリッジを指定された場所と異なる場所に取り付けると、
異なる色で印刷されることがあります。

インクカートリッジの取り付け位置は正しいか確認しましょう。

2.プリントヘッド・ノズルの詰まりや汚れの確認

プリントヘッド部やノズルが詰まっていると色が変になって印刷されることがあります。
ヘッド部やノズルのクリーニングを行いましょう。

3.インクカートリッジの残量確認

コピー機で色を再現するときは、インクを混ぜ合わせて様々な色を作ります。

インクの残量が少ないと、色を再現するのにインク量が不十分となり、
思ったのと違う色で印刷されることがあります。

この場合は残量の少ないインクカートリッジを新品に交換しましょう。