コピー機を使って特大の巨大ポスターを印刷をしたいと思った時に、物によってはコピー機の規定サイズが小さくて思った様な大きさの印刷物がつくれないという事もあるでしょう。

そんな場合にはちょっとした工夫で巨大ポスターを制作する事が出来ます。

等身大ポスターなど、巨大な特大ポスターが気になる人は是非チャレンジしてみて下さい。

コピー機を使って巨大ポスターをする方法

今回はA4サイズの用紙を使用して、巨大ポスターを印刷する方法を書いていきます。

基本的に電化製品で売られているコピー機の多くはA4サイズの物が多くなっているので、
A4サイズであればただ印刷をするだけでポスターを作ることが出来ます。
しかしそれ以上の物を作る場合には少し工夫をしていかなければいけません。

まず、印刷をしたい画像をパソコン上でA4サイズ何枚分の大きさにしたいか、
という事を基準に分割をする線を引いていきましょう。

そして、その線で区切ったパーツごとにA4サイズで印刷をしていき、
印刷された物をつなぎ合わせて、ポスターにしていくという方法です。

巨大ポスター・特大ポスターの印刷をする時の注意

大きなサイズのポスターを印刷する時には、印刷をするサイズを大きくしたければしたい程、
画像データの解像度がより鮮明であることが求められます。
小さい画像を分割して大きいサイズに印刷をしてしまうとぼやけてしまうので注意をして下さい。

また、印刷をする時にはノリ白部分を作っておくことも大切です。
殆どのコピー機の初期設定の都合で、印刷されない端の部分が出てきます。

それらの端切れをだしてしまうとつなぎ合わせた時に違和感が出てきてしまうので、
余裕を持って印刷をするようにしてください。

大きなポスターを張りつける時の注意

印刷した巨大ポスターを台紙などに張りつける時には、使用用途や用紙にもよりますが、
水分を多く含むノリ等でくっつけてしまうと水分を吸った紙の部分が波打ってしまうので注意をしましょう。
テープ等で真っ直ぐに裏打ちをすると綺麗に張りつけることが出来ます。

また、持ち運びを想定している場合には、
隣どうしの紙を張る時に折りたたむための空間を少し開けておくと便利に使えるかと思います。