コピー機のインクの種類(顔料インクと染料インクの違いとは)

オフィスや家でよく使用されるコピー機ですが、
本体価格も安くローコストなインクジェットプリンターの人気は高いですね。
インクジェットプリンターを用紙にインクを吹き付けて印刷するコピー機で、もちろんインクが使用されています。
また同じインクでも、顔料インクと染料インクという種類も存在します。

では、コピー機で使用されるインクの種類にはどんなものがあるのでしょうか。
顔料インクと染料インクの違いとは、どのような違いがあるのでしょうか。

トナーと比較するインクの種類

コピー機で使用される印刷の材料には、インクとトナーの2種類があります。
トナーが粉体なのに対し、インクは液体です。

トナーはレーザープリンターで使用されている熱による圧着方式に用いるもので、
品質の劣る紙でも印刷できますが、インクより高価で、色の再現性がインクよりも劣ります。

対してインクは、噴射方式に用いるもので、写真などの高画質印刷に適しています。
しかし、インクの容量が少ないこともあり大量印刷には向かず、
頻繁に交換しなければいけないところがインクの短所です。

顔料インクと染料インクの違い

インクジェットプリンターで使用されるインクには2種類あり、顔料インクと染料インクがあります。
顔料インクと染料インクの違いには、液体の状態や紙への染み込み具合、印刷の品質などで違いがあります。
インクの状態を見ると、顔料インクはドロドロしていて、染料インクはサラサラしているのが特徴です。

顔料インクは紙への浸透性が低いため、紙の表面に定着するような状態で印刷されます。
印刷の品質では、顔料インクは耐水性・耐光性があるため、色がにじみにくく、くっきりと出ることから、
文字が多いビジネス資料や、文字の印刷品質を高めたい資料を印刷するのに向いているインクと言えます。
しかし、染料インクに比べ、こすると色落ちしたり、色に光沢が出にくかったりするデメリットがあります。

染料インクは紙への浸透性が高いため、紙の繊維内部へと浸透するような状態で印刷されます。
染料インクは色の再現度が高く光沢・発色が良いのですが、
印字がにじんだり、光に当てると色褪せしたりと、顔料インクと比べると視認性や耐水性などにデメリットがあります。
染料インクは色の再現度の高さから、写真印刷に向いているインクと言えます。

つまり、顔料インクと染料インクでは紙への浸透性の違いがあり、その違いにより長所・短所があり、
色の視認性や保管・保存性の高いものは顔料インクを、色の表現力や光沢を重視するものは染料インクを使うなど、
それぞれのインクで適した印刷物が違ってきます。

顔料インクと染料インクには、それぞれ違う特徴を持っているため、
文字印刷には顔料インクを、写真などのカラー印刷には染料インクを使い分ける場合もあります。

以上がコピー機で使用されているインクの違い、顔料インクと染料インクの違いになります。

コピー機や複合機の種類によっては、顔料インクの黒色と染料インクの黒色を併せ持っているものもありますので、
オフィスで使用するなら両方のインクが使用できるものを選ぶのも良いでしょう。