印刷機とコピー機の違い・コストの違いとは?

印刷機とコピー機、どちらも「印刷をする機械」と認識はしていますが、
その違いを問われた時にどちらがどう違うのか、意外と知られてはいません。
印刷機とコピー機の特徴の違いやコストの違いはどのようになっているのでしょうか?

印刷機とは?

「印刷機」はとにかく「印刷」のみに特化した印刷専用機を指します。
印刷機は版画と同じように先ず「製版」を作り、その製版を元に複写するという構造でインクを用いて印刷をします。
輪転機と呼ばれることもあります。

一枚目の印刷に時間がかかりますが、その後は高速でどんどん印刷されるため、
早く大量に印刷物を発行したい場合には印刷機での印刷がオススメです。
学校や教育施設などで大量な印刷物が必要となる場所では印刷機が活躍しています。

スピード面やコスト面を見ればメリットが多い印刷機ですが、
カラー印刷や写真印刷の場合はあまりキレイに仕上がらず、
インクを使用しているため水に弱いというデメリットがあります。
また、FAXやスキャナなどのデジタル対応が難しいという面もあります。

コピー機と印刷機の違いは?

コピー機は別名「複合機」とも呼ばれ、どのオフィスにも必ず一台は置かれています。
業務用のコピー機は印刷だけに限らず、FAXやスキャナなどデジタルデータを扱うことができるので、
業務によっては幅広い使用方法が選択できます。

コピー機は粉末状のトナーを高温で紙に定着させるレーザー印刷なので、水に強く書類を長期保存する事が可能です。
印刷機よりは写真印刷やカラー印刷がキレイに出るのもコピー機のメリットと言えましょう。
ただし印刷機に比べて印刷速度は遅く、耐久性も低いので定期的なメンテナンスが必要になります。

一枚あたりのコストはコピー機より印刷機の方がお得

印刷機とコピー機の違いと併せて、そのコストや費用の違いについても気になるところですよね。

印刷機とコピー機を比較した場合、その構造上からコスト面でも差が出てきます。
印刷機の場合はインク代と製版を印刷枚数でコストを算出しますが、一枚あたりのコストは1円以下です。
インクと製版だけで大量に印刷できるのでコスト的にはお得になります。

対して、あまり大量に印刷できないコピー機の場合はトナーと枚数で算出しますが、
1枚あたりのコストは数円~数十円かかります。

カラーの場合だともう少しかかる場合がありますが、コピー機はリース契約を結んでいるケースが多いので
リース料金と合わせると印刷機よりコストがかかってしまう事もあります。

つまり大量に安く印刷するだけなら印刷機、
カラーや写真もコピーできて業務でも使うならコピー機と覚えておくと便利です。