自宅やオフィスにおいて、印刷が必要な資料が出てきた場合どうしますか?
コピー機を持っていなかったら印刷できなくて困ってしまいますよね。
まずは、コピー機が置いてある場所を探しましょう。

コピーができる場所やお店とは?

コピー機が置いてある場所の代表と言えばコンビニでしょう。
今や見渡す限りコンビニだらけの日本です。

人口の少ない田舎でさえもコンビニはあります。
そんな全国どこにでもあるコンビニには、必ずコピー機が設置されています。
利用したことがある人も多いのではないでしょうか。

次に、スーパーや100円ショップなどです。
レジや総合受付の近くに置いてあることが多いです。
また、市役所や区役所、市民センターなどの公共の施設にも設置されているところがあります。

ビジネス目的などで、少し多い数の印刷が必要な場合などは、
キンコーズなどのコピー・プリント印刷サービス会社を活用する手もあります。
セルフサービスでコピー印刷も可能ですし、大量のコピーが必要な場合などは依頼することも可能です。

また、インターネットを活用して、web上でデータを入稿して、
後日、指定したプリントやコピーを印刷してくれる、印刷通販というサービスもあります。

最新のマルチコピー機で出来ること

最新のマルチコピー機では、紙から紙へのコピーだけでなく、データを直接コピーすることも可能です。
例えば、携帯内の写真や文書をマルチコピー機で印刷が出来ます。
データの送信方法ですが、赤外線通信やWi-Fiを通してデータを送ることも出来ます。

しかし、この方法は各コンビニのマルチコピー機によって対応が異なります。
確実な方法は、USBやmicroSDなどのメディアをマルチコピー機に挿入してデータを送る方法です。
ですので、プリントしたいデータをあらかじめUSBなどのメディアに移しておきましょう。

また、PDFファイルにしか対応していないコピー機も多いので、
コピーしたいファイルをPDFに変換しておくことをお勧めします。
PDFに変換するには無料のソフトもあるので、それを活用しましょう。
下準備は少し面倒なように思いますが、こうしておくとスムーズにコピーが出来ます。

また、セブンイレブンでは、
「netprint写真かんたんプリント」という無料アプリをダウンロードしておくと、
更に簡単に携帯からの情報をコピー出来ます。

このように、自宅やオフィスにコピー機がない場合も、簡単に印刷できることが分かりました。
コピー機がない場合だけでなく、例えばコピー機の調子が悪いときやインクが切れてしまったときにもすぐに対応出来ます。

しかし、仕事やビジネスで頻繁にコピー印刷をする機会がある場合は、
トータル的なコストを考えてみても、コピー機の導入をおすすめいたします。