オフィスやご家庭でのコピー用紙の置き場は、どうしていますか。
一見頑丈そうでいて、コピー用紙も湿気を帯びれば使い物にならなくなります。
ここでは、コピー用紙の湿気対策についてお話しましょう。

湿気の多い時期や環境では要注意

コピー用紙を湿気ないようにキャビネットの中にしまっておく人もいれば、
表紙からも出したまますぐに使いやすいように剥き出しで放置しているという人もいるでしょう。

コピー用紙も湿気を帯びやすい紙の一種で、梅雨の時期の日本では湿気てしまうことが多いのです。
梅雨ではなくても湿度の高い室内環境では、コピー用紙が湿気てしまっても無理もありません。
なるべく湿度の低い環境で、コピー用紙を保管しておくのが一番です。

コピー用紙の湿気が紙詰まりの原因に

コピー用紙が湿気ているかどうかは、素人目にはわかりにくいものです。
しかし、コピー機に入れてみると機械は如実に不具合を示します。

その一つが、紙詰まりです。
コピー機を扱っている最中に、紙詰まりが生じて困ったことがありませんか?
急いでコピーしなければならないときなど、たった1枚の紙詰まりが命取りになることもあります。
湿気で重量が増したコピー用紙は、コピー機にとって想定外のお荷物となるのです。

コピー用紙の湿気対策

では、コピー用紙を湿気させないための対策には、どのような方法があるのでしょうか。
シンプルなのですが、まずはコピー用紙は必要以上に包装紙から出さない、
また使わないうちはキャビネットにしまっておくのが有効です。

包装紙に包んだままでも、縦に置かないというのも鉄則です。
折り目やしわの原因になりかねませんから、
湿気に匹敵するほどの紙詰まりが生じてしまう可能性があります。

一度紙詰まりを起こすと、コピー機はなかなか言うことを聞いてくれないときがあります
コピー機のメンテナンスに来てもらわなければならない羽目になることもあり、
厄介な展開にもなりかねませんから、実行できる湿気対策は行っておきましょう。