最近は、一般家庭にも広く普及しているインクジェットプリンター。
インクジェットプリンターで印刷するには、インクを使うことは皆さんご存じでしょう。
では、インクではなく、トナーと呼ばれるものを使ってプリントしたりコピーしたり出来るプリンターがあることをご存じでしょうか。

インクを使ったプリンターとは?

インクを使ったプリンターとは、良く知られているインクジェットプリンターのことです。
液体状のインクがカートリッジに入ったものを使います。

このインクを直接用紙に付けることによって色を出しているのです。
ですので、インクジェットプリンターで印刷したばかりのものは、乾燥させなければ色移りしてしまいます。
写真をプリントするには非常に向いており、きれいにプリントされます。
しかし、インクの容量が少ないのでたくさんプリントすると、インクがすぐになくなってしまいコストもかかります。
最近は、安価な非純正品もたくさん販売されていますが、プリンターの目づまりや故障の原因にもなるので、あまりお勧めはしません。

トナーを使ったプリンターとは?

トナーを使用しているプリンターとは、職場などで使われているレーザープリンターや、静電複写方式のコピー機、印刷機があります。
トナーとは、粉状のインクのことです。この粉を用紙に付着させ熱で定着させて印刷しているのです。

トナーは、インクに比べると値段が高いです。しかし、印刷スピードが速いので大量の資料を短時間で印刷することができます。
ですので、ランニングコストで考えると安く済みます。
またインクと違い、水にぬれてもにじまず、印刷してすぐでも色移りしません。

しかし、写真などの色彩を出すプリントは、インクの方がきれいに仕上がります。

このように、文書などの書類をたくさん印刷するオフィスでは、トナーを使ったプリンター、印刷機が向いているようです。
写真プリントを行うことの多い家庭では、やはりインクを使ったプリンターが向いているのではないでしょうか。