コピー機と印刷機のコストの違いとは

印刷をする機器にはコピー機や印刷機などがあります。
では、コピー機と印刷機の違いは何でしょうか。
また、コスト面には違いがあるのでしょうか。

コピー機と印刷機の違い

コピー機と印刷機、どちらも印刷などの用途に用いられる機器ですが、
この2つにはコスト、機能、構造面などにおいて違いがあります。

コピー機は、印刷以外にもファックスやスキャナーなど幅広い使い方ができるのが特徴で、
カラー印刷もできるため写真など印刷にも適しています。
コピー機は幅広く使用することができるため、
印刷を多くしない場合はコピー機がオススメといえます。
また、コピー機の印刷方式はレーザー方式であるため、インクはにじみにくく水に強いといえます。

一方の印刷機は、印刷スピードが速く、多量に印刷をすることが可能です。
しかし、カラー性能や機能面ではコピー機に劣ります。

印刷機の印刷は、製版・複写という過程で印刷を行います。
印刷にはインクを用いるため、水には弱いといえます。
また、製版・複写の過程を取るため、1枚目が出てくるのに少し時間が掛かります。

コピー機と印刷機では印刷用紙を除く消耗品も異なってきます。
コピー機の消耗品は、主にトナーと呼ばれるインクです。
一方の印刷機は、インクと製版に使うマスターが消耗品となります。

コピー機と印刷機のコスト面の違い

前述した通りコピー機と印刷機では、
構造上の違いによりコスト面にも違いが出てきます。
コピー機の印刷コストは1枚当たり数円程度です。
大量に印刷をする場合、トナーなどの消耗品などを考えると、
1枚当たりのコストがあがってしまうこともあります。

印刷機は、大量に印刷することを目的としているため、
1枚当たりの印刷コストは1円以下です。
印刷機のコストは、インク代とマスターの代金を印刷枚数で割って出します。

コピー機と印刷機は使用目的によって、選ぶことが大切といえます。
印刷の頻度が少なく、スキャナーやファックスといった多くの機能を使用したい場合はコピー機が良く、
数百枚単位などのように大量に印刷する場合は、印刷機が良いといえます。