コピー機の印刷面に線が入る原因と対策

コピーをしたら、印刷面に黒や白の線が入った経験をしたことがある人はいると思います。
では、なぜコピー機の印刷面に線が入るのでしょうか。
また、その対策はどうすればよいのでしょうか。

コピー機の印刷面に線が入る原因

コピー機の印刷面に線が入る原因は、その印刷面の線の入り方などによって異なるといえます。

コピー機の印刷面に黒い線が入る場合、コピー機のガラス面に汚れが付着している場合がほとんどです。
ガラス面が汚れているため印字の際、その汚れが印刷面に影響を与えます。

縦に黒く長い線が入る場合、ADFの読み取りガラスに汚れが付着していることが多いです。
また、清掃をしても黒い線が入る場合や薄墨的な黒い線が入る場合には、内部機構の汚れや不具合の可能性があります。

コピー機の印刷面に白い線が入る場合は、ノズルやドラムなどにインクが詰まっているためと考えられます。

コピー機の印刷面の線の解消方法と対策

コピー機の印刷面に黒い線が入る場合、コピー機のガラス面が汚れていることがほとんどですので、
ガラス面を柔らかい布などで拭いて下さい。

拭いても黒い線が出る場合には内部機構の不具合の可能性もあるので、
保守点検を契約している業者などに、清掃を依頼することをおすすめします。

コピー機の印刷面に白い線が入る場合は、コピー機のドラムのメインチャージャーを清掃すると、解消することが多いです。
クリーニング用の棒などが付属しているので、それでメインチャージャーを清掃します。

また、コピー機本体のシステムメニューを操作し、クリーニングといった項目を選択し清掃をしてみて下さい。
清掃をしても線が入る場合にはパーツの不具合の可能性もあるので、保守点検を契約している業者などに修理を依頼することをおすすめします。

コピー機の印刷面に線を入れないための対策として、コピー機のこまめな清掃が大切です。
また、インクが古くなったら取り換えるといったことも大切といえるでしょう。