コピー機のインクやトナーの捨て方・廃棄方法

コピー機を使用していると消耗品であるインクやトナーなどを交換する必要があります。
では使用済みのインクやトナーはどのようにして廃棄すればよいのでしょう。

インクやトナーのカートリッジは産業廃棄物

コピー機の使用済みインクカートリッジやトナーカートリッジの処分をどうすれば良いのかと悩んだことのある人は多いと思います。

一般ごみとして出してもいいのだろうか?と考えている人もいるでしょう。
実はコピー機のインクカートリッジやトナーカートリッジは一般ごみとして出すことはできません。

これらは産業廃棄物という扱いになり、専門の業者に引き取ってもらわなければなりません。
カートリッジは処理方法を間違うと事故につながることもあるので、絶対に守らなくてはならないのです。
実際に過去の事例で、粉塵爆発が起きているということもあるので注意しましょう。

今の基本的な流れはリサイクル

インクカートリッジやトナーカートリッジは基本的にはリサイクルをされています。
純正品であればメーカーが引き取ってくれ、メーカーの純正品でない再生品でも、販売業者が引き取ってくれます。

メーカーや販売業者は引き取ったカートリッジを再生し、再生品として販売します。
そうすることで、ごみも減らすことができ、購入者側も安価な金額で再生カートリッジを購入することが出来ます。
今までそういったリサイクルに出したことが無い方は、今お使いのカートリッジを確認し、購入している業者に相談をしてみてください。
ほとんどの業者が回収をしてくれるはずです。

会社などで使用する物の中には、カートリッジのように、捨てる際には産業廃棄物という扱いになるものが多くあります。
産業廃棄物はきちんとした業者に引き取ってもらい、決まり通りの廃棄方法をしなければ罰せられることもあります。

一方で、使えるものは再利用しようというリサイクルの精神も広がり、技術力のある日本では多くの物がリサイクルされ生まれ変わります。
インクカートリッジやトナーカートリッジは、その代表と言っても過言ではありません。
限りある資源を大切にするためにも、リサイクルできるものはリサイクルするということが必要なのです。