複合機のFAXが受信できない時の対処法

複合機のFAXが受信できなくなった。
そんなトラブルを経験したことのある人も多いのではないでしょうか?
今回は、複合機のFAXが受信できない時の対処法について見ていきます。

FAX機能とは

そもそもFAXとはどのような機能なのでしょう。

FAXは電話回線を使用して画像を送受信できるシステムの事です。
少し難しくはなりますが、光学式の読み取り装置で送受信する原稿を白と黒の店の集合としてデータ化し、それを音声信号に変換して送受信を行うという仕組みです。

複合機のFAXが受信できない時に確認するポイントは?

複合機のFAXが受信できない時には、以下のポイントをチェックしましょう。

1.電源が入っているのかを確認

まず最初に電源が入っているかを確認しましょう。
大前提として機械は電源が入っていなければ動きません。
電源が入っているのに受信ができないのであれば、何かしらの不具合が起きている可能性があります。

2.複合機のエラーメッセージやエラー番号を確認

複合機事態に不具合が起きている場合、エラーメッセージやエラー番号が出ていると思います。
メッセージであればすぐにわかりますし、エラー番号の場合は取扱説明書に載っていますので確認をしましょう。

3.モジュラーケーブルが抜けていないかを確認

上記でも述べたように、FAXは電話回線を使用します。
モジュラーケーブルが抜けていると、電話回線の使用ができなくなりますのでFAXの受信もできなくなります。

FAXが受信できない時の対処法

複合機のFAXが受信できない時の対処法は以下のようになります。

■電源が入っていない場合の対処法

この場合は単純に電源を入れるだけです。
電源を入れたうえで、通常通り受信できれば問題ありません。

■エラーメッセージやエラー番号が出ている場合の対処法

エラーメッセージやエラー番号が出ている場合は、そのエラー内容によって対処が変わります。
良くあるのが、「受信したデータを印刷するのに適したサイズの紙が切れていたり、トナーが切れている場合」です。
この場合は紙の補充とトナーの交換で改善します。
また、そのまま印刷をするようにせずに一度メモリーに保存される設定にしている場合などは、メモリーがいっぱいの為に受信できないという場合もあります。
それ以外の機械の問題の場合などは、保守契約をしている契約先やメーカーに問い合わせをして修理を依頼する必要が多くあります。

■モジュラーケーブルが抜けている場合の対処法

この場合も電源と同様、モジュラーケーブルを差し込むだけで大体が改善します。
差し込んだうえで、受信できるか確かめてみてください。

FAXが受信できずに電話もできない場合は、複合機ではなく電話回線自体に問題がある場合もあります。
紙切れやトナー切れの場合は簡単に自分でできますが、それ以外のエラーや自分で分からない場合などには、自己判断で修理をしようとすると問題が大きくなる可能性もあります。
無理をせずに、保守契約先やメーカーに複合機のFAXが受信できない旨を伝えて、問い合わせるようにしてください。