複合機のデータを消去・削除する方法

複合機は一台で様々な機能を有している大変便利はオフィス機器のひとつになります。
多機能だからこそ便利な点や気を付けるべき点が出てきます。

複合機も使用しているうちにデータがたまってくるのですが、それらのデータは定期的に削除、消去するのが望ましいのです。
複合機のデータを消去・削除する理由や、そのやり方について詳しく紹介していきます。

複合機のデータを消去、削除する意味について

複合機にはFAXやスキャナ、プリンタなどの機能が付いていることから、オフィス内の多くのスタッフがそれを共通で使用しています。
中には取引先や会社内の機密文書などを印刷や送信するために複合機が使われることがあるのです。

近頃の複合機は生産性を向上させるためにネットワークやアプリと連携している機器も多くあるため、情報漏えいの危険性も考えられます。
万が一機密情報が外部に漏れてしまうと企業として大きく信頼を損なうことにつながりますので情報漏えいには細心の注意が必要なです。

複合機を使用した際のデータはハードディスクに保管されていますので、定期的にデータを初期化することで、情報漏えいのリスクを防げます。
また複合機を買い替え、処分する際にも情報が漏れる危険性を考慮して、必ず複合機内部のデータを削除、消去するようにしましょう。

複合機のデータを消去、削除する方法とは

複合機のデータを削除、消去する方法はそれぞれ使用している機器により異なります。
中には複合機を製造しているメーカーに依頼をして、データを消去してもらうことができるものもあります。

メーカーにデータ消去を依頼する場合ですが、集中管理でデータを定期的に処分してもらうこともできますし、より確実性を求めるなら、データ消去作業に立ち会うことも可能になっています。

また説明書を読んで自分で消去をすることも可能です。最も簡単なのはデータの初期化です。
初期化することでデータを消去・削除することができ、複合機を購入した時の状態に戻すことができます。

データの初期化の方法も説明書を読みながら行えばそれほど難しい操作ではありません。
複合機のデータを消去・削除する場合には、マニュアルの方法に従って正しく行うようにしましょう。