複合機でフィルムスキャンをするには?作業方法と流れについて

フィルムスキャンという言葉を聞いたことはありますか?
スキャンという言葉なら聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
スキャンとは、写真や資料の情報を複合機で取り込み、データ化することです。

では、フィルムスキャンとは何でしょうか。

フィルムスキャンとはどういう機能?

デジタルカメラが普及してすっかり影を潜めてしまったフィルムカメラ。
昔は、フィルムカメラで写真を撮ることが当たり前でした。

現像する場合、写真屋さんへカメラを持って行き現像してもらっていました。
写真が出来上がると、写真と一緒に写真の基となるネガフィルムをもらっていました。
写真を焼き増しする際には、ネガフィルムを持って行き、それを基に現像してもらいます。

ネガフィルムとは、今でいう写真のデータの事です。
フィルムスキャンとは、昔撮った写真のネガフィルムをスキャンして取り込み、
データ化することを言います。

ネガフィルムをデータ化することで、
昔の色あせた写真を綺麗な状態にしてプリントすることも出来ます。
かさばるネガフィルムをSDカードや書き込み可能なCDなどにひとまとめにすることも出来ます。

このように、フィルムスキャンは非常に画期的な機能なのです。

フィルムスキャンが出来る複合機

フィルムカメラの需要が減ってきたこともあり、
現在はフィルムスキャンが出来る複合機は新しく発売されていません。

2011年10月に発売されたキヤノンの最上位モデルでもあるピクサスMG8230が、
ネガフィルムやポジフィルムまで取り込める最後の複合機となっています。

しかし、フィルムスキャンを諦める必要はありません。
最近は、フィルムスキャン機能にだけ特化した、
フィルムスキャナと呼ばれるものが数多く販売されています。
値段も1万円前後で手頃です。

複合機でフィルムスキャンをする方法

では、どうやって昔のネガフィルムをデータ化していくのでしょうか。
手順は非常に簡単です。

まずは、スキャンしたいネガフィルムをフォルダーにセットします。
次にフィルムの種類を選択します。
スキャンしたいコマがディスプレイに表示されるようにホルダーをセットします。
後は、スキャンしたいコマを選択するだけで、スキャン完了です。

1枚2~3秒でスキャン出来ます。
スキャンする際に鮮度を明るくしたり補正も出来ます。
スキャンしたデータはSDカードに保存されるので、プリンターでプリントアウトも出来ます。
パソコンに取り込んで共有することも出来ます。

このようにフィルムスキャンとは、昔の写真を綺麗によみがえらせる夢のような機能です。
必要な写真データだけを取り込み、保存しておくことも出来ます。
色あせてしまった思い出を、蘇らせてみませんか。