今や、コピー機や複合機は多くの企業の必需品となっています。
このような大切なコピー機・複合機、少しでも長く使いたいですね。
ところで、コピー機の寿命や寿命枚数ってどのくらいなのかご存知ですか?
ここでは、寿命を長持ちさせる方法と一緒に紹介したいと思います。

コピー機・複合機の寿命

コピー機や複合機の寿命は使う環境や使い方、メーカーなどによっても異なりますが、
5年程度だと言われています。
たとえ使用頻度が少なかったとしても部品は自然と経年劣化をしますし、
機能的な面も考えると5年が普通と言えるでしょう。

しかし、使用頻度が高い場合には、これよりも短くなることもあります。
その他、コピー機を設置する場所の環境が、
温度や湿度が高かったりほこりが多かったりする場合にも寿命を縮めることがあります。

コピー機・複合機の寿命枚数

コピー機や複合機には寿命の他に、寿命枚数もあります。
印刷する枚数によっても、寿命を迎えることがあるのです。
寿命枚数も使う環境や使い方、メーカーなどに左右されますが、だいたい300万枚が限界だと言われています。

つまり、毎日何十・何百と印刷するような企業ですと、
年数的には3~4年しか経っていなかったとしても寿命がきてしまう可能性があります。

長持ちの方法・秘訣

コピー機を長持ちさせるには、まずは設置する環境を良くすることです。
温度や湿度があまり高くない環境や、ほこりのあまりない場所に設置することが重要になります。

また、コピー機の寿命は1分間にどのくらい刷れるかという印刷速度を元に算出されているため、
頻繁に印刷することが見込まれている場合には、印刷速度の速いコピー機や複合機を導入すると、
長持ちさせやすくなります。

コピー機や複合機の寿命や寿命枚数は、このようになっています。
少しでも長持ちさせるためには、適切な環境に設置することが秘訣のようですね。
また、使用頻度に合わせたコピー機・複合機選びも重要となります。

コピー機や複合機はどれも高額なものですので、
ぜひこのような情報を参考に、少しでも長持ちさせてください。