コピー機や複合機のフィニッシャーの役割とは?

業務用のコピー機や複合機には、
フィニッシャーという便利な機能が用意されているのをご存知ですか?
知らなかったという方のために、フィニッシャーがどんなものなのか、
フィニッシャーの意味やどんな役割をするものなのか、その種類や特徴、導入の仕方とともにご紹介します。

フィニッシャーの機能・役割とは

フィニッシャーとは、コピー機や複合機でコピーやプリントアウトした紙に対して、
仕上げを行う機能のことです。
主に、大量印刷を行う業務用のコピー機や複合機の追加機能として用意されています。

フィニッシャーの役割には、ホチキス留めやソート、紙折り、パンチでの穴あけなどがあります。
手作業で行うと意外と面倒で時間が取られる作業を、
フィニッシャーの機能が自動で行ってくれるのでとても便利です。

フィニッシャーの種類と特徴

フィニッシャーには、インナーフィニッシャーとサドルフィニッシャーの2種類があります。

インナーフィニッシャーとは、コピー機や複合機の本体内部にある排紙口に取り付けるタイプのもので、
場所を取らないのが特徴ですが、ホチキス留めの機能しかありません。

反対にサドルフィニッシャーは、コピー機や複合機の外側に取り付けるタイプになります。
サイズが大きい反面、ホチキス留めの他に、紙折りやパンチ穴開けなどの機能も使えるのが特徴です。

フィニッシャーの導入方法

ほとんどのフィニッシャーが、コピー機や複合機の追加機能として用意されています。
そのため、フィニッシャーを導入するには、コピー機や複合機を購入やリースする際に、
フィニッシャーを追加でつけてもらう形になります。

また、フィニッシャーに対応のコピー機や複合機を使用している場合には、
現在使っているコピー機・複合機に後付けで導入することもできます。
その場合には、メーカーや購入した販売店などで相談してみると良いでしょう。

コピー機や複合機のフィニッシャーの役割はこのようになっています。
印刷した紙に対して、紙折りやホチキス留めなどをよく行う企業などでは、
とても便利な機能なので、フィニッシャーの導入を検討してみてはいかがでしょうか?