普段会社で使用している複合機。
会議資料やチラシなどの印刷に欠かせない機械です。
ある日突然複合機が故障して動かなくなったらと考えるとぞっとしますよね。

急に複合機が壊れてオフィスがパニックになるような事態を避けるために、
複合機の買い換え時期についてある程度の想定をしておくことが大切です。
ここでは、複合機の買い換え時期の目安についてご紹介致します。

複合機の壊れる原因とは?

複合機の壊れる原因として、機械内部の部品の劣化が主に挙げられます。
印刷を繰り返せばその分部品も劣化をするため、故障へと近づいてくことになります。

逆に、全然使わなければ故障しないかというとそういったこともなく、
複合機内部に使われているゴム製品などは使用していなくても経年劣化しますので、
やはりいずれは壊れることになります。

複合機の一般的な寿命は?

それでは複合機の寿命はどれくらいなのでしょうか。
一般的には、5年程度、印刷枚数で言うと300万枚と言われています。

従って、複合機のスペック的に無理のない使い方をしている場合には5年、
毎日大量の紙を印刷している場合には5年以内に寿命がくると判断して良いでしょう。

どれくらいの時期で買い換えるべきなのか

複合機の寿命が5年程度である以上、買い換えは5年が目安となります。
従って、4年目に入った頃に一度メーカーの担当者と相談することが望まれます。

毎日のように頻繁に利用している場合には、5年以内に買い換えることをおすすめします。
この場合、2年目、遅くても3年目にはメーカーの担当者に連絡・相談することで、急なトラブルを防げます。

いかがでしたでしょうか。
複合機はいかにも丈夫そうで、長持ちしそうな見た目をしていますが、買い換え時期5年程度と意外に早いんですね。
ご注意頂きたいのは、この5年というのはあくまでメンテナンスをきちんと行っている場合の数字です。
トナーやドラム、インクカートリッジの交換を怠っていると、
これより早く寿命がくることもありますので気をつけて頂きたいと思います。

また、複合機をレンタルして使用している場合、
この寿命が来るよりも早めに新規契約に移ることも一つの手です。
レンタル料金の見直しをすることで、思いがけずコストを削減できる場合もあるかもしれません。