紙原稿や電子ファイルを印刷する時に欠かせない複合機。
スキャンからプリント、コピー、FAXまで、様々な機能が一つの機械に集約されている点で、非常に使い勝手の良い代物です。
オフィスやご家庭でも頻繁に使用されているのではないでしょうか。

ですが、ここで問題となるのはそのコスト。
新たに複合機を導入する際の機械コストはもちろんのこと、
維持費や印刷にかかる費用を鑑みるとかなりの金額になることが予想されます。
それでは、複合機にかかるコストを少しでも削減するにはどのようにすればよいのでしょうか。

複合機の導入コスト

新しく複合機を導入する場合、そのコストが重要となります。
つまり、その複合機がどれくらいの値段になるかということですが、
コストを下げるための方法としては、

  • 中古品を購入する
  • レンタルする

の二通りが考えられます。
新品の複合機は、よいものだと10万円程度はかかります。
これに対して中古品だと数万円安くなります。
また、レンタルすると、月々数千円で済むことになります。

ただし、中古品の場合にはその機種の使用年数を考慮の上、購入する必要がありますし、
レンタルの場合には1年程度で新品の価格に追いつくことを知っておかなくてはなりません。

さらに重要なことには、その複合機の印刷速度があります。
高性能な機種では印刷速度もやはり速くなります。
従って、初期コストが高くつくとしても、1枚印刷するスピードが速ければ、その分1ページ当たりコストが削減できることになります。

複合機の維持費

複合機の印刷手法として、レーザープリントとインクジェットプリントの二通りがあります。
それぞれ、レーザープリンタ、インクジェットプリンタと呼ばれます。

複合機の主な維持費は、レーザープリンタのトナー交換費用、
インクジェットプリンタのインクカートリッジの交換費用となります。

どちらの方がコストパフォーマンスがよいかというと、インクジェットプリンタです。
インクジェットの方が、たくさんの枚数を印刷できるため、カートリッジの交換頻度も少なく済むためです。
具体的にはレーザープリンタに比べ、半分程度のコストに抑えられます。

また、レーザープリンタには、トナーだけでなくドラムの交換もついて回ることを考えると、
やはりインクジェットのほうがお得と言えるでしょう。

いかがでしたでしょうか。
複合機の印刷手法だけとってみてもコストに大きな違いがあることがわかりました。

オフィスに導入して長期間運転するのか、個人的な目的で使用するのかなど、
用途と使用期間に合わせて賢い選択をしましょう。